岸川美好物語

岸川美好物語 第二十章 一人旅〜琴平・高松・岡山・宮島


瀬戸内海の旅

四日前、東京の観光を終えて帰って来ました。
  東京の観光は、手引きの人がいなくとても神経をつかい、本当に疲れました。
  でも、沢山の人に助けて頂とても良い旅になりました。
  そして、私自身大きな自信になりました。
  今回は、以前から行きたいと想っていました香川県のこんぴらさんと高松の観
光、それに岡山と宮島の観光に行きます。
  香川県には「」「ふれあいてんてん」と言う手引きボランティアの団体があり
そこにお願い致しました。

1日目 平成22年10月11日 こんぴらさん

  午前6時10分、JRバスで嬉野を出発しました。
  6時40分武雄駅に到着しました。
  武雄駅では駅員さんが博多行きの特急みどりに乗せてくださいました。
  8時30分の新幹線のぞみで岡山まで行き特急潮風7号に乗り換えました。
  11時20分に多度津駅に到着しここから瀬戸大橋アンパンマントロッコ1号と言う
列車に乗りました。
  瀬戸大橋アンパンマントロッコ列車は、アンパンマンをモチーフにした列車で
アンパンマンのぬいぐるみやアンパンマンの歌など車内でかかっており子供達にとて
も人気のある列車です。
  運行日は、土・日・祭日のみでこの日は祭日でしたのでこの列車に乗る事が出
来ました。
  午前11時58分琴平駅に到着しました。
  琴平駅には、手引きボランティアのTさんと言われる男性の方が迎えに来てくだ
さいました。
  Tさんは琴平社協の活動を援助しておられる方でとても親切な人でした。
  早速、こんぴらさんに登りました。
  こんぴらさんの象徴は参道から延々と続く石段で境内入り口の大門まで365段、
御本宮まで785段あり奥社まで1368段あります。
  参道の左右には飲食店やおみやげ品店などありました。
  また、石段駕籠と言う昔ながらの駕屋さんもありました。
  一度記念に駕籠に乗ってみたいとおもいましたが駕籠の料金が6800円でしたの
でもったいないと想い駕籠に乗らずに歩いて登りました。
  尚、駕籠は途中の365段までしか登る事が出来ないとの事でした。
  そして、途中、うどん屋さんで名物のさぬきうどんを食べました。
  さすがに名物だけあってとても美味しいうどんでした。
  手引きボランティアのTさんに手を引いて頂き登ったのですが階段がきつく息切
れして途中何度も休憩しながらようやく本殿まで登る事が出来ました。
  麓から約1時間かかりました。
  こんぴらさんの参拝を終えて写真を撮ってもらいました。
  下りは、階段をさけて普通の道を歩いておりてきました。
  登りに比べて時間も短くずいぶん楽に下る事ができました。
  その後、JR琴平駅までボランティアのTさんに案内して頂き高松行きの列車に乗
りました。
  ボランティアのTさんとは琴平駅でお別れしました。
  Tさんには大変お世話になり心より感謝致しております。
  どうもありがとうございました
  約40分後、高松駅に到着しました。
  高松駅のホームには駅員さんが待っていてくださり改札口まで案内してくださ
いました。
  改札口を出た所で駅員さんがこれからどこに行きますかと言われましたので駅
前の全日空ホテルに行くと言いました。
  すると駅員さんがホテルまで案内しましょうと言ってくださりホテルまでつれ
ていってくださいました。
  本当に、助かりました。
  全日空ホテルクレメント高松は、とてもきれいでしかも障害者の人にとても優
しいホテルで、ぜひ、もう一度行きたいホテルの一つです。
  夕食は、ホテルのレストランで瀬戸内海の美味しい魚料理を食べました。
  宿泊 全日空ホテルクレメント高松

2日目 10月12日 高松

  午前7時ホテルで朝食を食べました。
  9時に手引きの人がホテルへ迎えにこられるので8時40分にホテルをチェックア
ウトしてロビーで待っていました。
  午前9時、高松の手引きボランティアのHさんと言われる女性の人が迎えに来て
くださいました。
  Hさんは、香川県の手引きボランティア「」「ふれあいてんてん」に所属してお
られ、とても優しい女性の人でした。
  にもつは、フロントに預けて、ホテルを出発しました。
  一番初めに玉藻公園に行きました。
  玉藻公園は高松駅のすぐ近くで高松城のお城のあった所でとても素晴らしい公
園でした。
  約30分玉藻公園を歩きました。
  その後、10時の船で女木島に行きました。
  女木島は通称「おにが島」と言われる島で桃太郎伝説のおにが島です。
  乗船時間は約20分であっと言う間に女木島に到着しました。
  女木島には、洞窟がありおにの人形などありおにが島の雰囲気があるそうです

  今回は、帰りの船の時間があり洞窟までは行く事はできませんでしたがおにが
島に渡る事が出来て満足でした。
  そして、女木島発 11時20分の船に乗り高松港に11時40分にもどってきました

  その後、高松駅前のレストランで昼食を食べました。
  昼食後、駅前からバスで栗林公園に行き栗林公園を見学しました。
  栗林公園は高松の観光名所でとても素晴らしい庭や池があり多くの観光客で賑
わっていました。
  約1時間の見学の後、バスで高松駅に戻りホテルで荷持つを受け取って高松駅に
行きました。
  そして、高松駅で手引きボランティアのHさんとお別れしました。
  Hさんには今日一日大変お世話になりました。
  ありがとうございました。
  午後3時過ぎの岡山行きの列車に乗り約1時間後の4時に岡山駅に到着しました。
  当初の予定より2時間早く岡山に到着しましたので明日朝に行く予定の岡山後楽
園に行く事にしました。
  岡山後楽園は、岡山駅からバスで15分の所にあり駅前から15分おきにバスが出
ておりそのバスに乗りました。
  そして後楽園で降りました。
  ところが、後楽園の入り口が判らずうろうろしていますとタクシーの運転手さ
んがどこに行くかと訊ねられました。
  私は、後楽園に行きたいと言いますとそのタクシーの運転手さんが入口ふきん
までつれて行ってくださいました。
  そして、みやげ品店の女性の人にこの人を入口まで案内してやってくださいと
言ってその女性の人にバトンタッチされました。
  そのおみやげ品店の女性は、私の手を引いて入口につれて行ってくださいまし
た。
  入口についた時はすでに4時30分であと30分で閉園と言う時間でしたので入場料
はいらないと言って入れてくださいました。
  園内にはそのおみやげ品店の女性の人が私の手を引いて案内してくださいまし
た。
  そして、バス停まで送ってくださいました。
  約5分後、岡山駅行きのバスがきましたのでそのバスで岡山駅に戻ってきました

  夕食は、岡山駅地下街の回転寿しで寿しを食べました。
  食事が終わり店の人に本日泊まる岡山全日空ホテルの道順をお訊ねしました。
  するとこの店の人が私が途中まで案内すると言ってくださり地下街から二階の
出口の所まで案内してくださいました。
  そして、途中何人かの人に道を訊ねて全日空ホテルに到着しました。
  最後に案内してくれた人は、中学生のグループで私がホテルを訊ねても知らな
いと言って通り過ぎていっていたのですが、誰かに訊ねてホテルの場所をしらべてひ
っかえして来てくれて私の手を弾いてホテルまで案内してくださいました。
  こうして今日も多くの人に助けて頂き無事に私の一人旅が出来ました。
  岡山全日空ホテルは、岡山駅の裏にあるホテルでとてもきれいで新節なホテル
でした。
  宿泊、岡山全日空ホテル

3日目 10月13日 宮島

  午前6時30分ホテルで朝食を食べました。
  今朝は、和洋のバイキングでスタッフの人にレストランまで案内して頂きまし
た。
  レストランでは、レストランのスタッフの人が料理や飲み物を取ってきてくだ
さいました。
  午前8時、ホテルをチェックアウトして岡山駅に行きました。
  岡山駅には、ホテルの職員さんが私の手を弾いて改札口までつれて行ってくだ
さいました。
  JR岡山駅の改札口では、駅員さんが新幹線のホームまで案内してくださり列車
に乗せてくださいました。
  約30分後、広島駅に到着しました。
  広島駅では、ホームに駅員さんが待っていてくださり宮島行きの列車に乗せて
くださいました。
  宮島駅でも駅員さんが待っていてくださり改札口まで案内してくださいました

  その後、駅員さんの手引きで地下道を通り宮島行きの船の乗り場までつれてい
ってもらいました。
  宮島駅から船の出る所までは約300メートルぐらいありましたが駅員さんの手引
きで迷わずに行く事が出来ました。
  宮島までの船は、約10分であっと言う間に宮島に到着しました。
  宮島では、通りがかりの人に道を訊ねながら何とか厳島神社に行く事が出来ま
した。
  途中、遊覧船がありましたので、その船にも乗りました。
  遊覧船は、宮島のシンボルの大とりいの周りをゆっくりと回って写真撮影など
しました。
  宮島の大とりいは、干潮の時は水が無く歩いて行く事ができますが普通は船で
しか行く事ができません。
  厳島神社の参拝が終わり、船の乗場まで歩いて行きました。
  途中みやげ品店によって広島名物の焼きたてのカキを食べました。
  とても美味しいカキでした。
  また、宮島名物のもみじ饅頭も食べました。
  旅の楽しみはその土地の名物を食べるのも楽しみの一つです。
  何人かの人に道を訊ねて船の乗り場まで来る事が出来ました。
  そして、船で宮島口まで行き列車で広島駅に戻ってきました。
  広島では、大阪の整骨学校の同級生の手島君と久し振りにお会いして夕食をし
ました。
  この時の夕食は、手島君がごちそうしてくださいました。
  また、売店で広島のラーメンとサンドイッチを買ってくださいました。
  帰りの新幹線の中でサンドイッチを食べました。
  手島君本当にごちそうさまでした。
  そして、手島君に広島駅の新幹線の改札口まで案内してもらい
  そこでお別れしました。
  それからは、JRの駅員さんが列車に乗せてくださいました。
  終点の博多駅では、ホームに駅員さんが待っていてくださり博多駅の交通セン
ターのバスの乗り場まで案内してくださいました。
  もう少し早い列車であれば武雄から嬉野までのバスがあるのですがこの時間で
はバスも無く長崎行きの高速バスしか無く博多駅からバスで嬉野まで帰ってきました

  自宅に到着したのは午後11時15分でした。
  今回も沢山の人に助けて頂きました。
  今回、お世話してくださいました全ての皆様に心より感謝申し上げます。
  ありがとうございました。


コメントを残す

*