お知らせ

皆様方の善意の募金により育成された盲導犬「アロマ1号」が誕生しました

待望の「アロマ1号」が誕生しました

アロマ基金から初めての盲導犬が誕生しました

待望のアロマ一号が誕生しました。
皆様方より頂きました善意の募金で、盲導犬「アロマ一号」が誕生致しました。
名前は、盲導犬「カレル」で、三歳の女の子です。犬種は、ラブラドールレトリバー、色はイエローでとても可愛いワンちゃんです。
出身は、財団法人九州盲導犬協会です。

犬種:ラブラドール・レトリバー
生年月日:2003年2月19日
性別:メス
名前:カレル (意味はやすらぎ)
ユーザー:末本恵美子さん

今回、アロマ一号[盲導犬]を使用される方は、山口県光市在住の「末本恵美子さん」と言われる全盲の女性の方です。
末本さんは、平成15年、最愛なるご主人を亡くされ、心の支えを失くされて盲導犬との生活を望み、アロマ一号の申し込みをされました。
実は、末本恵美子さんとの出会いはとても古く、今から43年前[昭和38年]私が山口県立盲学校へ入学した年です。
末本さんは、私より早く盲学校へ入学しておられましたが同級生として同じ教室で机を並べて学んだクラスメートです。
こんなご縁で、今回、アロマ基金へ盲導犬の申し込みをされました。

アロマ基金から「アロマ1号」が誕生しました

カレルのパートナーは、山口県立盲学校でクラスメートだった末本恵美子さん。末本さんは心から喜んでくれました。

アロマ基金にご支援頂きました全ての皆様へ、心より感謝申し上げます

そして、平成18年4月22日、待望の盲導犬を手にして、新たなパートナーとの生活が始まりました。
盲導犬使用者 末本恵美子さんは、今回、皆様方の援助のお陰で盲導犬を貸与された事を心から喜び、心より感謝しておられます。
今回、皆様方のあたたかい援助のお陰で、一人の視覚障害者の人が盲導犬を手にする事ができました。
私共、盲導犬育成支援の会アロマ基金に、ご支援頂きました全ての皆様へ、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
私共、これからも、一頭でも多くの盲導犬を育成したいと思っております。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。

盲導犬育成支援の会アロマ基金代表 岸川美好


コメント

コメントを残す

*