盲導犬アロマ

アロマ二号が誕生しました

アロマ2号の盲導犬ヴィガー

アロマ二号が誕生しました

平成19年10月14日、第四回盲導犬フェスタin嬉野の会場で待望のアロマ二号の盲導犬が誕生致しました。
出身は、財団法人 九州盲導犬協会で、二歳の黒のラブラドール・レトリバーで名前は、「盲導犬ヴィガー」です。
今回、アロマ二号を貸与された方は末吉信男様で、長崎県平戸市にお住まいの男性の方です。
末吉様は、盲導犬を手にする事ができ、とても喜んでおられ支援をしてくださった全ての皆様に心より感謝しておられます。
今回、誕生致しました盲導犬「アロマ二号」は、平成16年に財団法人 九州盲導犬協会に贈りました資金で誕生致しました。
盲導犬の育成には、多くのボランティアの人のお力と多額の費用がかかります。
また、育成の期間も長くかかり、盲導犬の協会に資金を贈っても盲導犬の誕生までに二・三年はかかります。
私共、アロマ基金では、一頭でも多くの盲導犬を育成したいとの思いで活動致しております。
どうかこれからも盲導犬にご支援よろしくお願い申し上げます。

アロマ2号の盲導犬ヴィガー

第四回盲導犬フェスタin嬉野の会場での貸与式

アロマ二号の貸与者:長崎県平戸市 末吉信男様
盲導犬の名前:ヴィガー
犬種:黒のラブラドール・レトリバー

NPO法人 盲導犬育成支援の会・アロマ基金
理事長 岸川美好


コメントを残す

*