岸川美好の歩み/長崎〜東京 二人三脚夫婦旅

長崎〜東京 二人三脚夫婦旅 第5章 かがやき町民賞受賞

私たちの活動を評価してくださいました

4月20日、嬉野町へ帰郷

平成14年1月15日、私達夫婦の夢でありますNHKの紅白歌合戦の出場祈願と盲導犬の育成支援を願い長崎から東京までの1500キロを夫婦で歩きました。

出発は、長崎県庁、ゴールは東京のNHK放送センターで出発から95日目の4月19日に到着しました。

途中、各地で、紅白出場の署名活動や福祉施設への慰問活動をおこない、ゴールの東京を目指しました。

私達夫婦にとりまして、初めての徒歩の旅で、想像を絶する過酷な旅でした。

特に、出発から二ヶ月間は、足の痛みや体調不良の為にとても苦しい旅でした。

また、反面、各地で、たくさんの励ましの言葉や紅白出場の署名も頂きました。

そして、夫婦が、互いに励ましあって無事、ゴールの東京に到着する事ができました。

ゴールのNHK放送センターでは、全国の皆様より戴きました紅白出場の署名39700名分の署名をお届けして翌4月20日、嬉野町へ帰ってきました。

職員さん全員が暖かく出迎えてくださいました

早速、地元、嬉野町役場に、無事、帰宅した事の報告に行きました。

嬉野町役場では、職員さん全員が私達夫婦を暖かく出迎えてくださいました。

そして、町長室で旅の報告をしました。

町長室では、谷口町長をはじめとして、多くの報道関係の人が私達の話を聴いてくださいました。

報告終了後、嬉野町より私達夫婦に名誉ある「かがやき町民賞」を戴きました。

そして谷口町長様より暖かい労いのお言葉を戴きました。

私達夫婦にとりまして本当に思いがけない嬉しい感動の町民賞の受賞でした。

嬉野町長の谷口様から頂きました「輝き! 」嬉野町民賞

嬉野町長の谷口様から頂きました「輝き! 」嬉野町民賞

「輝き! 」嬉野町民賞

岸川美好 洋子様

あなたがたご夫妻は長崎市から東京日本橋までの1500キロを盲導犬育成支援及び紅白歌合戦出場を呼びかけながら踏破されました。
手を取り合って助け合いながらの道中は苦労の連続であったかと推察しますが、見守る方々の心に共感が芽生え大きな福祉の輪が生まれました。
また先々で嬉野町のイメージアップにも多大な貢献をされたと思います。
今回の偉業は障害をお持ちの方に大きな夢を与えてくれたと思います。
嬉野町民に希望と活力と 爽やかさを共有させていただいたことに「かがやき!」嬉野町民賞をここに贈ります。

平成14年4月23日 嬉野町長 谷口太一郎

次ページ→第6章 著作「長崎~東京 二人三脚夫婦旅」の出版

目次→長崎~東京 二人三脚夫婦旅


コメント

  1. ピンバック: 第4章 旅の掲載記事

コメントを残す

*