盲導犬アロマ

第三回盲導犬フェスタin嬉野を開催しました

県内外より約700名が参加

第三回も大成功でした

平成18年10月15日、嬉野市公会堂で第三回盲導犬フェスタin嬉野を開催致しました。
当日は、お天気にも恵まれ、県内外より約700名の方が参加されました。
午前9時45分、佐賀ろう太鼓の素晴らしい演奏で幕があきました。
佐賀ろう太鼓の演奏は、とても迫力があり、フェスタの幕開けには、最高のセレモニーでした。
午前10時、第一部の式典がはじまりました。
今年のフェスタの総合司会は、唐津市呼子支所の職員[川崎千恵子]さんで、第一回のフェスタからずっと参加して頂いております。
始めに、私共の力強い応援者であります、アロマボランティアキッヅ[武雄市御船ヶ丘小学校6年生の]の6名の子供さんたちの元気の良い開会宣言で式典が始まりました。
始めに、主催者の挨拶と言う事で私、岸川美好がご挨拶をさせて頂きました。
次に、五名のご来賓にご祝辞を頂きました。
始めに、嬉野市長「谷口太一郎様」衆議院議員「今村雅弘様」衆議院議員「大串博志様」長崎県議会議員「三好徳明様」佐賀県議会議員「宮崎繁則様」より、心のこもったご祝辞を頂きました。
その後、アロマ基金より、「アロマ五号の育成資金」150万円を財団法人 九州盲導犬協会へ寄贈致しました。
そして、財団法人 九州盲導犬協会より感謝状を頂きました。
今年で、盲導犬五頭分の育成資金を財団法人 九州盲導犬協会に寄贈する事が出来ました。
アロマ基金に、ご支援頂きました全ての皆様に心より感謝申し上げます。

第三回盲導犬フェスタin嬉野を開催しました

盲導犬育成資金150万円を贈呈致しました

 

次に、アロマ一号の貸与式をおこないました。
平成16年、全国の皆様より頂きました、
善意の募金で待望の盲導犬「アロマ一号」が、今年4月誕生し山口県光市の末本恵美子さんのパートナーになりました。
名前は、盲導犬カレルで、とても可愛いワンちゃんです。
アロマ一号を貸与された末本恵美子さんは、今回、盲導犬を貸与できた事を心より喜んでおられ、支援をしてくださった全ての皆様に感謝しておられました。
カレルと末本さんにつきましては、詳しくは皆様方の善意の募金により育成された盲導犬「アロマ1号」が誕生しましたをご覧ください。

アロマ親子姉妹のご対面

次に、当日、会場に沢山の人が盲導犬の育成資金を持って来て頂き、ステージで頂きました。
当日、ご持参頂きました皆様、また、ご送金頂きました皆様へ心より感謝申し上げます。
次に、今回、特別企画であります、アロマ親子姉妹のご対面をしました。
皆様、ご存知かと思いますが、アロマの母親は、現在、福岡の船越様のお宅にお世話になっております、繁殖犬ベリンダ12歳です。
アロマの母親のベリンダは、第一回盲導犬フェスタの時から、ずっとアロマに会いに来てくれておりました。
ところが、今年で12歳になり、足腰もかなり弱って来ており、おそらく今年が最後のフェスタへの参加ではないかと言われておられました。
こんな理由で、今年は、アロマの姉妹の二頭の盲導犬にも参加して頂き、アロマ親子姉妹のご対面をしました。
アロマは八犬、兄弟で、その内三頭が盲導犬に成っており、とても素晴らしい血統です。
一頭は、北九州市にお住まいの楢木康博様で盲導犬の名前は、アクアちゃんです。
もう一頭は、福岡県筑紫野市にお住まいの脇崎恵子様で盲導犬の名前は、エンジェルちゃんです。
どちらのワンちゃんも可愛い女の子です。
今回、お二人に無理を言って、フェスタに来て頂き念願のアロマ親子姉妹のご対面が実現致しました。
盲導犬が、親姉妹に会う事は、とても珍しい事で会場のお客様も感動しておられました。
そして、アロマから、母親のべリンダへ感謝の手紙を、江北小学校5年生の永松聖子ちゃんに読んで頂きました。
ベリンダにつきましては、詳しくは岸川美好物語 第十四章 盲導犬アロマとの出会いをご覧ください。
会場は、大きな感動に涙ぐむ人も沢山おられました。

盛りだくさんの内容になりました

その後、特別ゲストのコロンビアレコードの後藤聖子さんに「ありがとう」を歌って頂きました。
ベリンダもアクアもエンジェルも、そしてアロマもうっとりと後藤聖子さんの歌を聴いていました。
次に、本日、参加のワンちゃん、盲導犬スウィーティ、繁殖犬リリック、そして、盲導犬カレルの、七頭のワンちゃんが勢揃いしました。
そして、当日、徳島県より、飛び入りで参加してくれた、鶴野さんと、盲導犬セリアちゃんも勢揃いに加わってくれました。
次に、今年9月、アロマ基金が唐津市の吉川一浩様のお力でNPO法人に認可されました。
吉川一浩様にアロマ基金よりNPO法人設立特別功労賞を贈りました。
次に、アロマパンCMソングの披露と製作者への感謝状を株式会社アルペン村社長 西野真一郎様より製作者五名が頂きました。
勿論、アロマパンCMソングの曲も会場の皆様に聴いて頂きました。
とても、盛りだくさんの内容の式典でした。
予定より、20分遅れで、ライブが始まりました。
今年も、昨年に引き続き、盲目のドラマー鍋島敏明さんとザ・ビートのジョイントウコンサートがありました。
次に、本日、司会をして頂いております、川崎千恵子さんに「なんきんたますだれ」をして頂きました。
次に、財団法人 九州盲導犬協会より、松村訓練士に盲導犬訓練士の講話と実演をして頂きました。
次に、ティーンズミュージカルSAGAの素晴らしいミュージカルがありました。
ティーンズミュージカルは、名前の通り、十代の人達のグループで、総勢50名以上の出演がありました。
次に、アロマ一号の貸与者、末本恵美子さんに盲導犬使用者の体験談をお話して頂きました。
次に、嬉野高校の福祉科の生徒さんが調査したユニバーサルデザインの発表をスクリーンを使ってされました。
次に、第一回フェスタの時から出演して頂いております、大草野スイートピークラブの皆様に素晴らしいリズムダンスを踊って頂きました。
勿論、アロマの曲[私の名前はアロマです]も踊って頂きました。
次に、コロンビアレコードの後藤聖子さんの歌謡ショーがありました。
勿論、盲導犬の心を歌った曲[ありがとう]も歌って頂きました。
次に、ダンスファクトリーの皆様にダイナミックなダンスをして頂きました
ダンスファクトリーの皆様には、昨年も出演して頂き今年で二度目の出演です。
次に、「タヌアート・ウィリアム・アリフ」さんに、盲導犬のクイズ大会をして頂きました。
沢山の人が参加してくださりとても楽しい雰囲気のクイズ大会ができました。
次に、沖縄のエーサー太鼓を有田町の「てぃーだかんかん」の皆様に演奏して頂きました。
会場のお客様も舞台に上がって、とても楽しそうに踊っておられました。
次に、盲目のシンガーソングライター「山下光義さん」のすてきな歌がありました。
次に、川崎千恵子さんのバナナの叩き売りがあり会場も盛り上がりました。
また、有田町の中嶋富夫さんが飛び入りでバナナの叩き売りをしてくださいました。
次に、ユースパアンサンプルの素晴らしい、ジャズ&サックス演奏がありました。

スケッチ大会の表彰式

その後、今回のフェスタの目玉であります、盲導犬のスケッチ大会の成績発表と表彰式があり24名の子供さんが表彰されました。
スケッチ大会では、白石町の大串さんが、二年前に盲導犬のお仕事を引退した犬、[ラブちゃん]を連れてアロマに会いに来てくださりスケッチ大会のモデルになってくださいました。
そして、本日、参加のワンちゃんの勢揃いの記念撮影をしました。
この中には、現役の盲導犬、引退した盲導犬、現役の繁殖犬、引退した繁殖犬といろんなワンちゃんがいました。
この様なワンちゃんのおかげで、視覚障害者の人が安心して歩く事ができます。
参加してくれた九頭のワンちゃんに心より感謝致しております。
また、会場では、盲導犬との体験歩行・盲導犬との記念撮影会・盲導犬訓練士への相談会・パピーウォーカーへの相談会等のイベントもおこないました。
最後は、嬉野高校の和太鼓クラブの皆様の迫力ある太鼓の演奏で第三回盲導犬フェスタin嬉野が終了しました。

第三回盲導犬フェスタin嬉野を開催しました

九頭のワンちゃんが勢揃いしました

皆様のおかげで素晴らしいイベントになりました

このような素晴らしいイベントが出来ましたのも150名以上の出演者と100名以上のボランティアの人の協力があったからです。
特に、嬉野高校の福祉科の生徒さん・ロータアクトの皆様・アロマボランティアキッツの子供さん達、そしていつも、全力で応援して頂いております、アロマ基金のスタッフの皆様のお陰と感謝致しております。
また、、県内外より、沢山の人に参加して頂いたお陰だと、感謝致しております。
今回、参加して頂きました全ての皆様とワンちゃんに、心より感謝申し上げます。
そして、フェスタの後援をしてくださいました多くの団体の皆様、ご協賛くださった企業の皆様へ心より感謝申し上げます。
私共、皆様のご恩に報いるようにこれからも盲導犬の育成支援を続けてまいる所存でございます。
どうか、これからもよろしくお願い申し上げます。

NPO法人 盲導犬育成支援の会・アロマ基金 理事長 岸川美好&洋子&アロマ


コメントを残す

*