お知らせ

3月31日「湯の町嬉野しのび宿」が通信カラオケに入ります

3月31日、JOYSOUNDとUGAに湯の町嬉野しのび宿が通信カラオケに入ります

大村市の浦川様

3月4日、嬉しい三つの電話がありました。
一つ目の電話は長崎県大村市の浦川様より3月28日の夜大村のスナックを貸し切って十数名の仲間をあつめて、私の新曲「(湯の町嬉野しのび宿)の新曲発表会をするからぜひ、来るようにと電話がありました。
浦川様とは三十数年前からのお友達でとてもハートのある人です。
歌もとても上手でカラオケ喫茶などでは有名な人です。
今から十数年前、私たちがnhkの紅白を目指して長崎から東京まで歩いた時の3日目、長崎県の諫早から大村まで歩いた時大村の入り口で(頑張れ岸川美好と書いた画用紙)を持って出迎えてくださいました。
そして、其の夜、奥様もご一緒に焼き肉店につれて行って頂き美味しいお肉を頂きました。
その後大村のカラオケスタジオに案内して頂きデビュー曲の(春びよりと雪どけ)を歌いました。
先日も、大村市の「カラオケ とも」と言うカラオケ喫茶で私のキャンペーンをしてくださいました。
湯の町嬉野しのび宿のサンプルcdも沢山配ってくださいました。

JOYSOUNDとUGA

二つ目の嬉しい電話は通信カラオケのジョイサウンドから電話があり、3月31日に「湯の町嬉野しのび宿」が通信カラオケに入ると言う連絡でした。

通信カラオケの番号は

ジョイサウンド:682706

ウガ:486503

との事でした。
最近のカラオケは番号は打たずにテンモクと言う機械でリクエストをします。
以前はぶあつい電話帳みたいな本から歌いたい曲を探していましたが最近は歌いたい曲名を書きますと勝手に曲がなりはじめます。
歌をヒットさせるにはぜったいに通信カラオケに入らないとヒットはできません。

宗運寺の住職様

三つめの嬉しい電話は嬉野の宗運寺の住職様から3月26日の午後お寺で花まつりの行事をするからぜひ、歌ってほしいとのお電話がありました。
私もお寺の本堂で歌うのは初めてでどのようにすればよいかと迷っております。
檀家の方は皆さま佛様の方を向いて座られておられます。
その前で歌うと言う事は佛様にお尻を向けて歌う事になります。
どちらに向いて歌うのかは当日にならないとわかりません。
後日どちらに向いて歌ったかは当日のブログに書きますので3月26日のブログを楽しみにしておいてくださいませ。
宗運寺の住職様はとてもきさくで優しい人です。
実は、昨年ねちがいをしたと言って治療にこられました。
鍼と電気治療ですぐに良くなりました。
一週間前、住職様の子供さんがサッカーをしていてボールが膝にあたり膝の内側が痛いと言って住職様につれてこられました。
幸いそんなに酷くなくて翌日には痛みがとれたとの事でした。
その時、湯の町嬉野しのび宿のサンプルcdを配って頂くようにお願いしました。
住職様は協力しますと言って持っていかれました。
そして本日お寺での歌謡ショーが実現しました。
おそらく私の歌を檀家の皆さまに聞いて頂き歌をひろめてやろうと思ってこの企画をされたのではと思っております。
住職様の優しい心に心より感謝申しあげます。


コメントを残す

*