岸川美好の歩み/長崎〜東京 二人三脚夫婦旅

長崎〜東京 二人三脚夫婦旅 第6章 著作「長崎〜東京 二人三脚夫婦旅」の出版

私たちの思いを一冊の本に

長崎~東京の旅の感動を一冊の本でお届けいたします

平成14年1月15日夢をつかむ為の夫婦旅がスタートしました。出発は、長崎県庁・ゴールは東京のNHK放送センターです。
旅の目的は、NHKの紅白歌合戦の出場をNHKの会長に直訴する事と、視覚障害者に不可欠な、盲導犬の育成支援を訴える事です。
長崎を出発して、95日目の4月19日、ゴールのNHK放送センターに到着しました。
今回の、長崎・東京徒歩の旅は、想像を絶する苦しい旅で、途中、何度も、投げ出したくなりましたが、互いに、いたわりあい・支え合って、なんとかゴールインする事ができました。
また、思わぬ出会いと、ふれあいがあり、毎日が感動の連続でした。
そんな、私達夫婦の思いを、一冊の本に致しました。
旅の苦しさ、旅の喜びを、夫婦で正直に書きました。ぜひ、私達の旅の出来事を感じてください。

 

長崎〜東京 二人三脚夫婦旅

著者:岸川美好
出版日:平成15年10月
出版社:文芸社
定価:1,200円
全国の書店でお求めになれます

岸川美好「長崎〜東京 二人三脚夫婦旅」

長崎〜東京 二人三脚夫婦旅

第一部 私の歩み

  • 障害に泣く子供時代
  • 運命を変えた金メダル
  • 駆け落ち
  • 妻の夢
  • あととり息子
  • ちんどん屋さんで町興し
  • 夢は、NHK紅白出場
  • 盲人用の白い杖
  • 大スターの前座
  • 故郷の力強い応援
  • 歌づくり
  • 東京へ行こう
  • 署名活動

第二部 二人三脚夫婦旅

  • 長崎出発式
  • 初めてのキャンペーン
  • 峠の出迎え
  • 宿がない・・・・
  • 足の豆
  • 暗闇での温かいお茶
  • NHKの番組に出た
  • どしゃぶりの雨の中を
  • 二足目のスニーカー
  • 住所は博多駅
  • 若者に助けられました
  • 2000名の署名
  • 九州最後の夜
  • ふぐ刺し
  • 故郷での誕生日
  • 子供達に囲まれて
  • 父親からの贈り物
  • 手づくりの垂れ幕
  • 心強いエール
  • 一週間ありがとう
  • 呼吸困難
  • 34年ぶりの奇跡の再会
  • 被爆者のお年寄り
  • 東京で歌えた
  • あなごめし
  • 久々の大浴場
  • ぎっくり腰
  • 物々交換
  • 盲導犬と一緒に
  • びしょぬれ
  • 袖触れ合うも他生の縁
  • 歴史は繰り返す
  • ちんどん屋さんがご縁で
  • ごちそうさま
  • 大阪までこれた
  • 再び東京へ向けて
  • ここからが東海道
  • ひっかかった傘
  • 名物やきはまぐり
  • 足が壊れそう!
  • 森の石松のとっくり
  • サウナでリフレッシュ
  • 東京から撮影に
  • 残念ながら富士山は
  • 拝啓NHK会長様
  • 箱根越え
  • 風邪が治った
  • 二人だけのゴールイン
  • 二度目のゴールイン
  • 本当のゴールイン
  • 帰ってきました
  • 盲導犬アロマ
  • あとがき

購入はこちら

岸川音楽事務所
〒843-0301佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1074-1
TEL 0954-43-0744
アマゾンで「長崎〜東京 二人三脚夫婦旅」を購入する

 

目次→長崎~東京 二人三脚夫婦旅


コメント

コメントを残す

*