岸川健康増進センター

電飾看板で治療院・湯豆腐・やきたてパン・カラオケをPR

電飾看板でPR

10日がたちました

2月13日に岸川健康増進センターがオープンしました。
そして昨日で10日がたちました。
おかげさまでまだ、だれも来ない日はありませんでした。
今日はだれも来ないのかと想っていたらひょっこり閉店時間前にお客様がこられて0にならずによかったと想った日が何度かありました。
今迄一番お客様が多かった日で一日三組のお客様でした。
本日、午前11時30分オープンと同時に整骨の治療のお客様がこられました。
治療が終わり帰ろうとした時お二人のお客様が湯豆腐とカラオケを歌いにこられました。
妻は、台所で湯豆腐セットを作っていました。
湯豆腐が出来る間、お二人のお客様はカラオケを歌っておられました。
そしてお客様が湯豆腐を食べはじめたころ女性のお客様がお一人こられて湯豆腐セットを食べにこられました。
初めにこられたお客様は80歳の男性の人と同じく80歳の女性の人で同級生との事どちらも歌好きで歌の上手なお客様でした。
そのお客様が歌っている時あとでこられた若い女性のお客様は湯豆腐を食べながら拍手をしておられました。
そんな雰囲気の時、80歳のおばあさんが整骨治療にこられました。
勿論その方は治療室のベットで私の治療をうけられました。
一人は治療室のベットの上、もう一組はカラオケ、もう一人は湯豆腐を食べながら拍手をしておられました。
私もお客様からのリクエストがあり今年4月発売の新曲湯の町嬉野しのび宿を歌いました。
お客様もとても気に入ってくださりこの歌を覚えますと言ってくださいました。

武雄と嬉野の真ん中

岸川健康増進センターは国道34号線に面して武雄と嬉野の真ん中にありとても目立つ所です。
宣伝は普通の看板と電飾看板だけがPRの手段です。
電飾看板は大きな力を発揮してくれています。
看板の大きさは縦180センチ横60センチぐらいの真っ赤な看板でLED電気で文字が下から上に移動しとても目立つ看板です。
岸川健康増進センターは国道34号線で日の出城の信号のすぐそばですので必ず信号待ちで車が止まります。
ですからほとんどの車が当店の看板を見てくれます。
そのおかげでオープンしてだれもこなかった日はありませんでした。
お客様の目的は治療目的の人や湯豆腐を食べる目的の人や焼きたてパンを食べに来る人、カラオケを歌いに来る人とさまざまですが知らない人と人とがつどいとても良い雰囲気になっています。
こられた方の多くは初めてこられた人ばかりでも湯豆腐が美味しかった、治療が良かったと喜んでいただいております。

電飾看板は大きな力を発揮してくれています。

電飾看板は大きな力を発揮してくれています。

私は小さな鍼を持ったりマイクを持ったりいろいろですがとても楽しく仕事をしております。
妻は台所で庖丁をにぎったりカラオケの所でマイクを握ったりとても忙しくしておりますがでもお客様が喜んで頂いていますので疲れもどこかに飛んでいっているようです。
これからもこの電飾看板が当店のPRをしてくれると想っております。
尚、看板の文字は治療院の紹介や湯豆腐・やきたてパン・カラオケのPRなど書いております。
また、4月発売の湯の町嬉野しのび宿のPRもしっかりさせて頂いております。
もし、近くにこられてこの赤い電飾看板が見えましたらぜひ、お立ち寄りくださいませ。
待っております。


コメントを残す

*