岸川美好の歩み

作詞・作曲を始めました

作詞家として第一歩を踏み出しました。

作詞家として初の作品は「ちんどん嬉野極楽音頭」

平成10年、長男[岸川伸資]が、町興しの為に始めた、ボランティアの素人のちんどん屋さん「嬉野温泉お茶らか夢楽団」を応援する為に嬉野町の御当地ソング「ちんどん嬉野極楽音頭」と「肥前嬉野恋の町」の二つの曲を作詞しました。

「ちんどん嬉野極楽音頭」は、とても楽しい曲で、幸せに生きる為の生き方、考え方を詞にした作品で、私が作詞家としての初めての作品です。

「肥前嬉野恋の町」は嬉野町のイメージを詞にした作品で、恋する娘心を描いた曲で、嬉野町のイメージにぴったりの作品です。

いずれも、作詞・岸川美好 作曲・益田 茂 歌・石橋歌恋の作品で、平成12年キングレコードより全国発売に成りました。

当初は、息子の後押しをする為に、はじめた、作詞が、本職に成りその後沢山の詞を書きました。

お陰で、日本作詞家協会、並びに、日本音楽著作権協会にも入会させて戴き、プロの音楽家に成りました。

日本作詞家協会会長星野哲郎先生との記念撮影(岸川美好&洋子)

日本作詞家協会会長星野哲郎先生との記念撮影(岸川美好&洋子)

その後は、作曲、編曲も始め、オリジナルのCDアルバムも発売致しました。

作詞家として、初めての詞が、この二つの作品です。

 

ちんどん嬉野極楽音頭

作詞 岸川美好
作曲 増田 茂
唄  石橋歌恋

涙忘れてチンドンドン
歌って踊れば苦労も消える
どおせこの世は夢の中
笑って人間やりましょう
ここは嬉野 笑顔の町よ

腹の立つときゃチンドンドン
おこって生きるとからだにわるい
感謝 感謝で暮らしたら
あしたも幸せやってくる
ここは嬉野 楽しい町よ

夢がほしけりゃチンドンドン
おさない子供と遊べば見える
遊び心に花が咲く
自分を信じて生きようよ
ここは嬉野 夢咲く町よ

ふうふげんかもチンドンドン
とうちゃんかあちゃんすぐ仲直り
やぼなやきもちすてちまえ
やきもちやくほどもてやせぬ
ここは嬉野 いで湯の町よ

いのちなくなりゃチンドンドン
地獄のえんまも笑って踊る
もしも地獄に行ったなら
わたしがおどけてかえてやる
ここは嬉野 極楽町よ
ここは嬉野 極楽町よ

 

肥前嬉野 恋の町

作詞 岸川美好
作曲 増田 茂
唄  石橋歌恋

こころうれしい湯の宿に
ときめくおもいは夢路をたどる
おくる恋ぶみ夢ひとつ
愛しい貴男にあえる町
湯けむりただよう湯の里は
肥前 嬉野 恋の町

茶つみ姿が似合うよと
祭りのあの夜 貴男が言った
しかけ花火に夢のせて
ふたりの願いはただひとつ
咲かせてください恋の花
肥前 嬉野 恋の町

夫婦茶碗と湯飲みにも
ふたりの名前を手書きで書いた
滝の観音 手をあわせ
苦労も笑顔で越えて行く
幸せ信じて春をまつ
肥前 嬉野 恋の町
肥前 嬉野 恋の町
肥前 嬉野 恋の町


コメントを残す

*